タラバガニ流通量

タラバガニの流通量

冬の味覚と言えばカニ。その中でも私が好きなのはタラバガニです。

タラバガニの魅力は何といってもその身のぷりぷり感とボリューム感ですよね。

最近でこそタラバガニも結構見かけるようになりましたが、やはり王道はズワイガニということになるでしょう。

その流通量というのはどれくらいなのか気になったので調べてみました。

調査方法は簡単で、こういう統計というものは農林水産省のWEBサイトで誰でも調べることができます。

とりあえず平成26年度の魚種別漁獲量を見てみました。

全国漁獲量(t)
ズワイガニ 4371
紅ズワイガニ 17605
ガザミ類(ワタリガニ等) 2328
その他のカニ(毛蟹、花咲ガニ等) 5378

これを見るとズワイガニと紅ズワイガニで圧倒的な量になっていますね。

タラバガニは「その他のカニ」に入ってしまうので、もう微々たるものです。

確かにズワイガニの方が味が濃くて甘みもありますからね。それに日本の蟹の代表みたいなものですからね。

野生のタラバガニ

タラバガニの漁獲量減

タラバガニというのは近年値段が上がってきています。これはいろんな要因があります。

ひとつは外国人が食べるようになったことで、アジア各国の所得が増えGDPも上昇するなかで、ぜいたく品を食べることができる富裕層というのが増えてきているということです。

高級な食材であるタラバガニやズワイガニが中国などでも食べられるようになり、全体の漁獲量に対して食べる人が増えたというのが一つ原因にあります。

さらに、漁獲量が減っているということも原因にあります。

これは乱獲と言われるものですが、自然環境のことを考えずに獲れるだけカニを取ってしまうことで、生態系のバランスが崩れ、成長しにくいメスの蟹や成長段階の小さい蟹が減少しているとされています。

また、ロシアでは漁獲量の制限があるにも関わらず、密漁する漁船が多く存在し、その結果として漁獲量が減ってしまっているということです。

今後ますます価格の高騰が懸念されるので、今のうちに美味しいタラバガニをたらふく食べたいものです。

タラバガニ通販サイトの厳選4サイト