タラバガニ生け簀

タラバガニの産地

日本でタラバガニが獲れるのは北海道です。実際に獲れる場所になるとオホーツク海やベーリング海ということになります。

アラスカやロシア領ですが、昔はいくらでも獲っていいということになっていましたが、今は資源の保全のために禁漁区や禁漁期間ができています。

日本で一番流通しているタラバガニはロシア産でロシアから輸入したものとなっており、次いでアラスカ産、カナダ産、ノルウェー産、アルゼンチン産などとなっています。

オホーツク海のタラバガニ

オホーツク海に生息するタラバガニは、北海道の網走や羅臼町などの漁港で漁がおこなわれています。

オホーツク海のタラバガニは流氷によって栄養価の高いプランクトンを食べているので身が締まってて美味しいと言われています。

北海道で獲れるタラバガニは水揚げ直後に加工して、鮮度を保ちながら日本に流通させることができるので、品質がとてもいいんです。

ただ、最近は北海道近海では資源保全のためにあまりタラバガニを獲ってはいけない禁漁区などが決められているので漁獲量は少なくなっています。

同じオホーツク海で獲れるタラバガニでもロシアから輸入されるものが多く、しかも近いので活きたまま輸入されるので、北海道産と鮮度が変わらず美味しいタラバガニが食べられます。

ベーリング海のタラバガニ

アラスカと言えばオーロラとか極寒のイメージがあります。タラバガニは寒いところに生息するものほど美味しいと言われているので、アラスカのタラバガニも評判は良いです。

個体そのものが大きいものが多く、特大サイズのタラバガニというのはアラスカ産が多いです。

アラスカではまだ捕獲量に制限が少ないので、安定的に水揚げされています。それで値段も安定して、現状では安く抑えられています。

ただし、冷凍してからの空輸になるので、水揚げされてから食卓に届くまでには結構な時間がかかるので鮮度の問題が多少あります。

タラバガニ料理

通販では産地を気にしたほうがいい?

産地によってタラバガニの味は多少変わりますが、そこまで気にすることはないと思います。

それよりもボイルされている商品の場合は、ボイルの塩加減や茹で加減によって味が変わることがあるので、その辺をしっかり管理して販売してい通販サイトがいいでしょう。

タラバガニ通販で安心できる通販サイト4つ