タラバガニの部位と味

タラバガニを美味しくいただくには、どの部分がどんな味かというのを知っておくといいと思います。

知っておけば家族でカニ鍋をしたときに美味しいところだけを選んで食べることができるかもしれませんよ。

タラバガニ

1.爪先

脚の先端の部分になります。個体が大きいと身も入っていることがありますが、基本的には少ないので殻を割る労力に見合った身の獲得はできないと思います。

2.ナンバン

脚の爪先から数えて2番目の節になります。身は少なめですが、味はしっかりしています。個体が小さいと量が少ない場合があります。

3.ラッキョ

爪先から数えて三番目の節になる部分です。むき身で売られている場合は持ち手になる事が多い部分で、身は少なめ。

4.棒

タラバガニで一番メインに食べる部分ですね。タラバガニの醍醐味は食べごたえのある身ですから、この部分が太くて丸いとテンション上がります。

5.甲羅

タラバガニの甲羅です。タラバガニはズワイガニなどのように蟹みそは食べません。なぜならまずいからです。

6.爪下

ハサミと甲羅の間の節になります。意外に身が多いですが、味はさっぱり目です。

7.ボンボリ

ハサミと爪下の間の節の部分です。身も少ないし殻も硬いので食べにくいです。

8.親爪

ハサミは甲羅を上にしたときに右側にあるハサミの方が左側より大きいとされています。ハサミはよく動かす部位なので身が締まっていて旨味が凝縮されています。

9.ふんどし(前掛け)

画像にはないですが、ちょうど甲羅の裏側にあたる部分になります。オスとメスを判断するにはここを見ます。

10.エラ(ガニ)

タラバガニの甲羅を外すと、脚のつけ根あたりにビラビラしたひだがでてきます。これは魚でいうエラの役割をしています。

この部分はどのカニでも食べることはできません。

11.見えない脚

タラバガニの隠れ脚

タラバガニはズワイガニより脚が少ないように見えますが、実は口の下あたりに小さいもう一対の脚があります。

小さすぎるので食べませんが、この脚はエラ掃除などで使われています。

通販で売られている部位

通販ではたいていの場合は棒の部分がメインで販売されています。やはり一番身が多くて人気がありますからね。

タラバガニの場合は特に蟹みそなどが食べられないので、脚を重点的に販売しているところが多いです。

タラバガニ通販で安心できる4つのお店はこちら